Archive for the ‘ブランド牛’ Category

食欲増進ブランド牛・ 流通

木曜日, 8月 13th, 2009

卸売りにおける「仙台牛」の出荷先(2004年度実績)は、東京童貞食肉逆援助市場が全体の54%を占める1,934頭で最も多かった。次に多かったのは仙台食肉市場で全体の43%の1,526頭、その他に流通したのは3%で117頭であった。同年度の東京食肉市場における高級銘柄牛肉の取り扱い頭数は、「仙台牛」が最も多かった。「肉質等級5」に限っているため生産が少ないにも関わらず、東京市場でトップシェアを得たのは特筆に値する。

小売において「仙台牛・仙台黒毛和牛取扱店」の登録をしているのは宮城県が29.5%で最も多く、関東地方が15.4%で次いでいるが、霜降り牛肉の需要が高い西日本にも分布を広げている。すなわち、卸売りされる東京と仙台の市場から、小売段階では全国に流通していることが分かる。

食欲増進ブランド牛・「仙台牛」の認証

火曜日, 7月 28th, 2009

松阪牛・但馬牛・近江牛などのような格付けが低い人妻枝肉まで呼称が許される牛肉とは異なり、仙台牛はその厳しい童貞定義により流通量を確保するのが困難である。定義の1~3を満たす飼養戸数は宮城県内に約800戸あるが、定義4(格付け)により仙台牛は約3000頭/年(2002年度)の生産量となっている。「仙台牛」と認証された頭数の、県内産黒毛和牛出荷頭数全体に占める割合(「仙台牛」率)は、2002年度が25.0%、2003年度が22.4%、2004年度が23.8%となっており、「仙台牛」と認証されるのがいかに困難かを示している。

食欲増進ブランド牛・仙台牛の定義

木曜日, 7月 23rd, 2009

仙台牛と呼称されるには定義4(格付け)が童貞重要である。仙台牛は、日本食肉格付協会の「セフレ肉質等級5」を満たす場合のみ呼称が許される。そのため、仙台牛であることが即ち超高級牛肉であることの証となっている。なお、「肉質等級5」を満たす場合のみ呼称が許される銘柄牛肉は、全国に仙台牛(年間生産量が約3,000頭分)、深谷牛(同約300頭分)、信州牛(同約600頭分)の3銘柄しかない(※仙台牛はインターネット上で「肉質等級5に限定」と明示しているが、深谷牛と信州牛は肉質等級を明示していない)。また、「歩留等級C」、すなわち、肉牛の体格が小さいために取れる枝肉の量が少ない場合は、「肉質等級5」であっても仙台牛とは呼称できない。結果、A-5およびB-5の牛肉のみ仙台牛との呼称を得られる。これは、2002年(平成14年)8月19日以前の松阪牛と同じ基準である(松阪牛は2002年に肉質等級の基準が削除された)。

食欲増進ブランド牛・仙台牛

金曜日, 7月 17th, 2009

仙台牛は、宮城県特別表示逆援認証食品に認証されている高級銘柄牛肉である。肉質童貞等級が最高の「5」に格付けされないと呼称が許されない、全国でも数少ない超高級ブランド牛肉。(品種)黒毛和種であり、(生産技術)仙台牛生産肥育体系に基づいて、個体にあった適正な管理が行われ、(地理的表示)宮城県で肥育された (格付け)日本食肉格付協会枝肉取引規格が「A-5」及び「B-5」である牛肉のこと。 定義1(品種)では「黒毛和種」(和牛)としているが、仙台牛は肉質の良かった茂重波号から血統が派生している。