食欲増進ブランド牛・ 流通

卸売りにおける「仙台牛」の出荷先(2004年度実績)は、東京童貞食肉逆援助市場が全体の54%を占める1,934頭で最も多かった。次に多かったのは仙台食肉市場で全体の43%の1,526頭、その他に流通したのは3%で117頭であった。同年度の東京食肉市場における高級銘柄牛肉の取り扱い頭数は、「仙台牛」が最も多かった。「肉質等級5」に限っているため生産が少ないにも関わらず、東京市場でトップシェアを得たのは特筆に値する。

小売において「仙台牛・仙台黒毛和牛取扱店」の登録をしているのは宮城県が29.5%で最も多く、関東地方が15.4%で次いでいるが、霜降り牛肉の需要が高い西日本にも分布を広げている。すなわち、卸売りされる東京と仙台の市場から、小売段階では全国に流通していることが分かる。

Comments are closed.